わきが 手術 保険

ワキガ手術はどこまで保険が適用されるのか?保険適用について調べてみた。

今や皮膚科だけではなく、形成外科、美容外科などワキガ手術が行える病院が増えています。
最近CMもしているようにワキガ手術の場合、保険適用となる場合があります。
どれが保険適用で、どれが適用でないのか?とても重要なところです。

 

ワキガの認定

まず、ワキガ手術が保険適用になるかどうかで大切なのはワキガ手術を保険対応で行っている病院かどうかです。病院によっては、最初から自由診療としている場合も少なくありません。病院選びの段階から保険のことを考える必要があります。わきが,手術,保険
また、次に重要なのが医師です。
そもそもワキガ手術が保険適用になるかならないか、大きなカギを握っているのが医師の判断です。
基本的には医師がワキガのニオイを嗅ぐことで、ニオイの強さを判別し、ワキガを認定をします。
ニオイが強いか強くないかは、あくまで医師の判断によるのです。

 

保険適用のワキガ手術

保険が適用されるワキガ手術のほとんどが、脇を切開し医師がアポクリン腺を1つ1つ除去していく方法です。いわゆる昔ながらの方法が保険適用です。
この方法は傷跡が残る心配があるだけでなく、医師の腕も問われる手術方法なので、慎重に医師を選ぶ必要があるでしょう。せっかく保険適用なのに、傷跡が残ってしまったら台無しです。
わずかながら他のワキガ手術方法を保険適用としている病院もありますが、どちらにせよ脇を切開する必要がありますので、リスクとしては同じと言えます。

 

わきが,手術,保険

 

保険適用でないワキガ手術

多くの場合、超音波などを使用したアポクリン腺の吸引手術などは保険適用外です。
ワキガ手術には様々な方法がありますが、多くの場合が保険適用外なので、保険適用の病院でも注意しないと知らないうちに保険適用外の手術を受けるなんてことになるかもしれません。
また、ポトックス注射によるワキガ治療、ミラドライという電磁波によるアポクリン腺の破壊する治療法は保険適用外です。どちらも脇を切開することないワキガ治療方法ですが、保険が適用でないためにこの方法で治療する人はごく僅かです。

 

ワキガ手術における保険適用とは

保険適用できるワキガ手術は脇を切開するため、かなりリスクを伴う手術と言っていいでしょう。保険適用になるからと安易に手術をすると大変な目に遭うかもしれません。
保険適用される手術が安全と考えるのは間違いなのです。
むしろ保険適用外の治療方法の方が安全な場合があります。

 

そもそも保険適用か、適用でないか、どちらも手術をするなら少し様子を見てから手術した方がいいのでは?ニオイに過敏になっているだけで、大したことない可能性もあります。
また最近のワキガクリームでニオイが軽減されるケースもあります。
保険適用だからと早まった判断をする前に、一度考え直してみることもいいのでは?!